自分に似合うファッション、品良く見える服を選びます

私のファッションのこだわりは、自分に似合い、品良く見えるファッションを選ぶことです。私は自分らしさとは、奇抜さのことではなく、自分に似合うもの・得意なことを知ることだと思っています。

それに、自分に似合う服を着ると、他人から褒めてもらえて嬉しいし、自分に自信を持って行動できます。また、どんな服装でも似合っていなければ、だらしなく、ちぐはぐな印象を受けるものです。品良く見える服装というのは、その人に似合っている、ということでもあります。

自分に似合う服を選ぶために、パーソナルカラーと骨格診断の勉強をしています。どちらも、インターネット上の無料診断を利用したり、書籍もたくさん出版されているのでわかりやすいものを購入したりしています。また、似合っているかどうかが独りよがりにならないよう、全身がうつる鏡でコーディネートのチェックをします。

ときどき、自分には似合わないけど、お店で一目惚れしてしまう服もあります。そういうときは、自分に似合うストールやアクセサリーを利用して、品良く見えるよう、調整します。