昔活躍・・・?

DOHCエンジン、もう死語になっている言葉のようですが、これはどのようなものかと言いますと、バルブを動かしているカムは、そのエンジンの気筒数分がつながった

1本の棒状(カムシャフト)になっています。ちょっと話しはずれますが、そのカムが直接バルブを動かすのではなく、プッシュロッドと呼ばれるカムシャフトとロッカーアームというテコを介して雄エンジンがあって、それをOHVと言います。オーバーヘッドカムシャフトのことになります。もちろん、DOHCでもバルブはエンジンの上川にありますけども、そのバルブの上にあるからオーバーヘッドカムシャフトと呼ぶわけしています。そして、直にバルブを動かすためには吸気用と排気用に専用の2本のカムシャフトが必要ということで、ダブルオーバーヘッドカムシャフトが登場することになります。では、どうしてDOHCは、昔、多くの若者の心を魅了したのでしょうか?それは、そのような園児っは、レースカー、またスポーツカーぐらいしか無かったのが、普通の車に付くなんて信じられなかったからと言えます。車売りたいと思う?