ウォーターサーバーから水筒に!!

体温の調節機能、子供はまだ成長途中ですから当然この部分でもそうです。これは自律神経と深くかかわってきますので疲れやすかったり、風邪を引きやすくなったり、集中力に欠けたりなど、さまざまな症状が出てくると思います。冬から春先にかけてのこの時期体温の調節機能は大人でも同じです、自律神経系の症状は容赦なく襲い掛かります。これに加えて花粉症、PM2.5が追い打ちをかけます。

赤ちゃんならなおのこと心配になってきます。赤ちゃんにとってももちろん水分補給は欠かせません、ミルクだってウォーターサーバーのあたたかい水から作れる環境もあります。最近 低体温の子供が増加中です、低体温だと汗をかかない、かけないから熱中症になりやすい!熱くなる前のこの時期でさえ熱中症対策を考える必要があるのです。

これにはやはり小まめな水分補給が何よりです!ウォーターサーバーから水筒に、それを常に携帯させ喉が渇く前に飲むことをしっかりと言い聞かせること、すごく大事だと思います。

プレミアムウォーター ペットボトル